飼い主さん募集!再度お願いです

10月29日に新しい飼い主さん募集を掲載しましたビーグルの男の子、なかなかご縁がありません・・・
もう一度皆さんのご協力をいただけませんか?

譲渡となりました。ありがとうございました
ビーグルくん1

オス
推定2~3歳
とても人懐こい性格です。

------------------------------------------

譲渡となりました。ありがとうございました

黒ちゃん1

雑種、メス
推定6~8歳
アイコンタクトがとれ、おすわりができます。
とても人懐こい性格です。

------------------------------------------

どちらも大分市保健所さんの管理している犬です。
他に収容されている犬もいます。

「大分市保健所 犬の保護収容情報」

飼い主がいるはずなのにお迎えに来てもらえず、命の期限は近づいています。
どうかご協力下さい。


お問い合わせは
大分市保健所 衛生課 動物愛護担当班
(097)536-2567

譲渡に関するご質問などございましたらしあわせなしっぽでも対応いたします。
happytails08@gmail.com
  (しっぽのアドレス(gmail)が受け取れるかどうかご確認の上、お問い合わせ下さい)


お見合いからでもけっこうです。
どうぞよろしくお願い致します。

コメント

いつもありがとうございます。

冷え込む中、迎えに来てくれる新しい家族が欲しいですね。ほんとにこのところ身勝手な人間のせいで苦しむワンコが目立つのが腹立たしいです。
言葉をしゃべれないだけで精神年齢は人間より上かもって私などはよく思います。
それと県や地域によって捕獲、持ち込みの犬猫に対する扱いがこうも違うのかと思うこともあります。
せめて、同じ九州の長崎や熊本のように命を長らえる努力を今一度頑張ってもらえたらと思います。
 自分の愛犬がドリーボックスなる処分機で窒息死するんだというくらいの切迫感で愛護行政に粘り強く取り組んでもらいたいものです。

勝手ながら blogにて情報拡散させて頂きます

>ヨーキーママ様
捕獲や飼育放棄された犬猫の譲渡活動は全国的にみても、大分県内の各保健所だけみても対応はまちまちですが、限られた施設や職員数の中でちゃんとボランティアと連携をして、1頭でも多くの譲渡ができるようにと尽力下さっている保健所さんもあります。
大分もこれから、少しずつかもしれませんが、良くなっていくと思います。
同時に飼い主の質の向上が大きな問題だと感じます。
首輪をしてしつけをされた犬が迷子で捕獲され、迎えがないまま処分となる犬がいます。
なぜ?という思いしかありません。

>もと様
いつも応援とご協力、感謝します。
ありがとうございました。

自分も犬飼いの一人 我が子と同じ命 blogアップで命繋げる機会が増えたらと思い勝手にアップさせて頂いております

保護され里子に行った子の中には セラピードッグとして 人間へ 希望の光を与えてくれてる子居ます(^o^)
人間に裏切られても なお人間を信じてくれる 気持ちへ感謝です

No title

動物の命のことになるとむきになる私がいてすみません。と言いますのも、行政に以前「安楽死」という言葉を使うと市民が誤解しますよ、と伝えたとき、「現場の者が言うには、猫などは足がピクピクとなり眠るように麻酔にかかったように、死ぬ、ということです。」というようなことを返され、それがまた、性格のよさそうなしゃべり方だったのでなんとも言えない思いがしました。
 それと知り合いが保護した小型犬を育てられそうにないと保健所に相談したところ、「小型犬なら、まだ貰ってもらえる可能性があります。」と云われたそうです。じゃあ、貰い手がない場合は・・・?
 その犬は別の方がちゃんと飼育してくれてますが。
 このところ繁殖業者がらみのわんこ放棄が重なってます。愛護法が厳しくなったからなど本末転倒なとこを言うお馬鹿がいます。大分県では報道どおり、そんな業者がいないと信じたいですが、まさか行政が渋々ながらでも受け入れてはいないことを祈りたいです。
 ボランティア頼みではなく、生きがいのある仕事として頑張ってもらいたいなあ。一市民の力は小さいですが、まわりの人に伝えていきたいです。私も数年前まで無知でしたから。だらだら書き連ねました。

No title

先日、迷い犬を保護した時に大分保健所の方とお話しする機会があって、保健所の方々が犬達を助けようとしている事に、恥ずかしながらその時初めて気が付きました。それまでの“保健所”に抱いていたイメージが覆されました。
保健所の方々が好きこのんで動物を殺しているとは思えません。誰かがしなくてはいけない仕事をしてくださっているのです。辛い気持ちを押し殺して職務にあたっているのではないでしょうか。
不幸な犬猫を減らすのは保健所ではなく、私達一人ひとりです。
犬猫が不幸な目にあうことなく、保健所の方々が辛い思いをされることない世の中になるように、私達が出来ることは何なのでしょうか。行政への働きかけ?具体的にはどうすればいいのでしょうか?
動物を愛する人達全員が行動したら、絶対に何かが変わるはずです。

ドイツの動物保護施設です。
http://www.jiji.com/jc/v4?id=2013tierheim_berlin0001
日本もこうなりますように。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する