ご報告

8月19日に飼い主さん募集を掲載していました東部保健所の成犬は、本日譲渡となりました。

掲載した日から本当は、処分までの猶予がたったの二日間しかありませんでした。
もしかしたら助けられないかもしれないという思いと、やれることはやってみようという思いと、日にちもあてもない中で、掲載すること自体もとても考えました。
たくさんの方に応援していただき、お問い合わせやお見合い希望の連絡をいただき、1週間だけ命の期限が延びました。

そして今日、東部保健所を卒業しました。

東部1

譲渡決定ありがとうございました

ご家族皆様で保健所の犬と向き合い考え、譲渡を決めて下さいました。

もう1件、お見合い希望をして下さったご家族様にも、心より感謝しております。

本当にありがとうございました。

---------------------------

8月12日、ボランティア・トリミングのメンバーさんにお世話になった3頭の小型犬がいました。
3頭とも大分市の収容犬でした。
その中の1頭がポメラニアンの女の子。
特に繊細な子だったのでしょう、怯えがひどく警戒して、檻から出せるかどうかも分からない状況でした。
ここで出られないと、新たな飼い主さんを探すことすら難しいかも・・・と心配しましたが、職員さんが粘って粘ってなんとかリードをつけ外まで出してくれました。
道具の片付けをし始めていたトリマーさんたちも、よしゃ!出てきた!やるか!と頑張ってくれました。
そしてポメちゃんも頑張りました。

大分市保健所のHPに掲載されていた時からお問い合わせをいただいていた方に、8月19日譲渡となりました。

ラッキーちゃん3

ラッキーちゃん

檻の中で怯えていた姿と比べると、同じワンコとは思えません。
12日にトリミングをしてもらって、そのままトリマーさんに一時預かりをしていただき、精神的なケアをしていただけたおかげです。
新たな飼い主さんのお宅でもとても元気に過ごしているとのこと。
嬉しいですね。どうぞ末永くよろしくお願いします。


平成25年度、殺処分された犬は500頭を切りました。
減りました。それでも500頭です。
譲渡され新たな飼い主さんのもとで幸せに暮らせる犬はわずかです。

捨てる人、いなくなっても探さない人、そんな無責任な人たちの犠牲になってしまう犬がいなくなりますように。
ちゃんと飼いましょうよ。言いたいのはそれだけ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する