FC2ブログ

ご支援ありがとうございます

いつも温かいご支援をありがとうございます。
ご寄付のお礼を申し上げます。

9月15日 I様
9月17日 N様
9月30日 T様
9月30日 T様
10月6日 N様
 (令和2年9月14日~令和2年10月11日現在)

定期的にご寄付を送って下さる方もいらっしゃり、ボランティアメンバー一同心より感謝申し上げます。また、ペットシート、フード、おやつ、昨日までにバザー品のご寄付もいただいております。たくさんの方にこれからも継続して応援していただけますよう、努力して参ります。

-------------

7月26日にセンターから引き取ったシニアシーズーちゃんは新しい飼い主様が決まりました。
譲渡シニアシーズー

センターに来た当初は皮膚が悪く毛並みもうっすらだったシーズーちゃん。
皮膚ケアを続けていただいて見違えるようにきれいになりました^^ありがとうございます。余生をのんびり過ごしてね!

7月12日にセンターから引き取り、8月2日にブログ掲載していた雑種子犬くんは現在トライアル中。
ビビリがひどく、2か月以上しっぽメンバー宅で人との生活を経験してもらいましたが・・・なかなかの心の閉ざしよう。それでも有り難いことに「お迎えしたい」とお申し出をいただき、9月30日にご自宅までお届けに🚙初日は緊張からか眠らなかったり、ご家族の前ではご飯も食べなかったりしていたようですが、もうすぐ2週間、「少しずつ距離が縮まっているのを家族で毎日感じています」と現在の様子を教えていただきました^^
バムくん

言葉が話せたらどんなにいいだろうかと、気質の面でちょっとハードルがある犬たちの譲渡活動の際にはいつも思います。人ができることはそっと寄り添い待つことだけ。でもきっといつか自然と通じ合ってお互い無理なく生活ができるようになるはずです。犬も人も時間が必要で、時間が解決してくれることもあります。

譲渡活動中のワンコが2頭、ハウンドのロクくんとボクサーミックスかな?のムギちゃん。デカいグループがなかなか苦戦しています。ぜひともお声がけをよろしくお願いします。

あとは譲渡ができないのでしっぽの保護犬とはちょっと違いますが、保護時に掲載したので経過を・・・シュナウザーのばあちゃんは介護が始まりましたが、来月でセンターから引き取って1年!そうなると18歳確定ですね~。スゲー。十分長生きだけどもっとがんばれ~。譲渡後に心疾患が分かりセンターに戻された子犬は、もうすっかり子犬ではなくなりました(笑)どこが病気なん・・・と呆れるほど暴れてます。

私たちが関われる保護犬はセンター搬入数の全体からみるとほんのわずかですが、愛護センターやボランティアから犬を迎えようと行動して下さるご家族様への感謝を忘れず、活動を続けていこうと思います。今後ともどうぞ応援をよろしくお願い致します。

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する