譲渡のご報告

5月にボランティアが保護したビーグル(仮名ベースケ)が正式譲渡になりました。

保護当時はガリガリで、人が見えなくなると寂しくて太~い声でワンワン吠えてしまい、いえ、吠え続けてしまい困ってしまうほど(^_^;)

なかなかご縁が繋がらず保護期間が長くなりボランティアさんが焦り始めてくるなか、あれ?こんなに落ち着いた子だったんだ(笑)と、どんどんおりこうさんになりました。
ある日突然、環境が変われば不安で吠えてしまうよね。
しっかり愛情を伝えて向き合ってくれた預かりボランティアさん、ありがとうございました!

新たな飼い主さんは、先日の子犬の譲渡会でベースケを気に入ってくださり、その日からトライアルに入りました。

後日様子を見に行って嬉しいビックリ!

広いミカン畑がベースケのお庭で、お父さんと毎日一緒に仕事に励んでいる様子。
ベースケの仕事は、お父さんのお供です。
ベースケ、のびのび元気に過ごしてね!

ベー2

今度は、お山いっぱいのミカンが色づき始めた頃、カゴを持参して会いに行きますよ~(笑)

ベー1


先日の子犬の譲渡会には沢山のお申し込みがあり、ベースケも参加できるチャンスがありました。
今後とも、子犬と共に成犬の保護譲渡へのご理解ご協力をお願いいたします。

コメント

ベースケ君もお父さんも すごく幸せそうに笑ってますね
昔から一緒にいるみたいにしっくりして見えます
不思議ですね
ベースケ君のような成犬は処分される確率が高いようですが 赤ちゃん犬の世話は出来ないけど 犬と生活をしたいという人には ぴったりだと経験上思います
もっと沢山の人がペットショップに行く前に保護犬に会いに行ってみてほしいと思います

No title

ゆきちゃん様のおっしゃる様に、まるで何年も
一緒にいたかの様に、ベースケも穏やかに過ごして
いました(^^)

ベースケのお父さんは、ライフスタイルを考え、
成犬を家族に迎えてくれました。
成犬は、性格や体格がわかりやすく、相性が見極めやすい
メリットもあります。
先日、「ベースケも生活に慣れた様です。大切にします。」と、
嬉しいメールをいただきましたよ!




コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する