嬉しいお便り

昨年9月に豊肥保健所さんの捕獲収容犬の新しい飼い主さん募集を掲載しました。
保護時、毛のもつれが大変ひどく、ほとんどの毛をカットしてもらった男の子。

その姿を見て、可愛い!と譲渡のお申し出をいただき、10月18日に譲渡となりました。

「レオくん」
レオくん2

レオくん3

綺麗な毛が伸びて、いっそう可愛くなりましたね!
田の浦ビーチが近いのでお散歩コースなのかな?走り回ってますね^^
気持ちよさそう~

ひとりの時はふて寝(笑)
レオくん1

「パパ、ちゃんとついてきてる?」
振り返ってチェック。萌・・・(*´ェ`*)
レオくん4

保健所の保護時、ノミ取り首輪がかなりきつい状態でついていて、無理やりハサミで切らないと取れなかったそうです。
譲渡後、固形のもを食べると戻したり血が混じったりなどの症状が出たそうで、病院に行きレントゲンを撮ってもらったところ、気管が少し潰れていると・・・
おそらくきつい首輪を長期間つけられていたからではないでしょうか。
もとの飼い主の虐待といっても過言ではないと思います。本当に腹立たしい・・・

新しい飼い主様はレオくんにその症状が出てからハーネスに替え、レオくんがどうしたら幸せに過ごせるかを工夫していただいています。
ありがとうございます。
レオくん、今の飼い主様と出会えて本当によかった。
1日でも長く幸せに過ごしてね。

飼い主様、嬉しいお便りをありがとうございました。
タイミングが合えばぜひ譲渡会に遊びにいらして下さいね。
会える日を楽しみにしています!

コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する