FC2ブログ

お知らせ

とても残念なことになってしまいました。

「子犬の譲渡会」 しばらくの間、中止です。

理由は動物管理所の収容施設(管理棟や子犬舎)の徹底消毒のためです。
1ヶ月ほど前のこと。
動物管理所に入っていた成犬をボランティアが引き出して、新たな飼い主を探そうと考えていました。
管理所から出して預かりを始めて間もなくその犬の体調が悪くなり、お世話になっている動物病院で診察をしてもらうと、パルボウイルスに感染しているとのこと。
先生には寝る間も惜しんで治療、看病をしていただきましたが、悲しい結果になってしまいました。

二度とこのようなことが起こらないように、解決策として県が決定したことが、施設の徹底消毒・譲渡会の中止です。

徹底消毒は以前から要望していたことでしたが、譲渡会の中止は本当に突然のことで、私たちボランティアもとても困惑しています。

13日の譲渡会に参加申し込みをいただいていた20組のご家族の皆様も驚かれたことだと思います。

県が決めたことですので私たちも従うしかありませんが、ただ、今まで管理所で頑張って過ごして13日の譲渡チャンスを待っていた子犬たちを放ってはおけません。

2頭の子犬が今日からボランティア宅で預かりとなりました。
これから新しい飼い主さん探しとなりますが、この2頭は県の譲渡会とは関係なく個人的な譲渡となります。

↓ とっても元気な男の子です。ワクチン接種済み、駆虫もしています。

ブログをアップした時点では男の子の写真を載せていましたが、現在ちょっと体調不良です。
また元気になりましたら写真を載せたいと思います。よろしくお願いします。

↓ こちらは女の子。チビちゃんです。
ワクチン接種済み、駆虫もしています。
10月12日譲渡決定しました。ありがとうございました。
メス2

以上2頭について、お問い合わせや譲渡希望の方は、しあわせなしっぽまでメールをいただければと思います。
譲渡会に出ていればきっとすぐにおうちが決まっていただろうな・・と思うくらい、とっても可愛い子犬たちです。
良いご縁が結ばれますように、どうぞよろしくお願いします。



それから今後の譲渡に関してです。大分県動物管理所のHPより、「新たな飼い主さがし制度」を利用してくださいとのこと。

「新たな飼い主さがし制度」 ←(詳しい内容はこちらをクリックして下さい)

また、県の各保健所で子犬がいる場合には譲渡が出来ますので、各保健所にお問い合わせください。

保健所一覧


譲渡会の再開までボランティアも手探りの状態かもしれませんが、できる限り努力し、1頭でも多く譲渡ができるように頑張りたいと思います。

このブログでもまた飼い主さん募集記事をアップすることがあるかと思います。
譲渡会がしばらくないならブログも見なくていっか、なんて言わないで下さいね

引き続きしあわせなしっぽをどうぞよろしくお願いします。
コメント

No title

仔犬の譲渡会が急遽中止となったことは本当に悔やまれてしかたありません。
でも、なぜその理由にサスケの死が関係しているのでしょうか?
読めばサスケの死が原因で譲渡会が中止になったように感じられます。
本当にそうでしょうか?

No title

>ゆっきんママ様
譲渡会の中止はサスケくんの死だけでなく、今までの様々な出来事が積み重なった結果だと思っています。
徹底消毒のことは以前から県には要望していましたが現実にはボランティアが思ってるようにはなかなかいきませんでした。
サスケくんは今後の動物管理所の大きな変化を期待できるきっかけをくれた(「くれた」という書き方をするとまた悪いでしょうか・・・)のではないかと思っています。

No title

いつも応援しながらHPを拝見させておりました。
譲渡会まで廃止にするなんて、、行政の対応には憤りを感じますね。
迷子犬等が保健所に入ってしきった場合の期限の短さも改善出来ない物かと思います。
そして何より、こうして行政の手により命を物の様に処分されていく子が多い中で、ペットブーム等とペットショップが乱立していく日本のペット業界はゆるせませんよね。
行政はそういう点にもっと目を向け、ペット産業に携わる規制を厳しくしてもらいたい物です。

私達個人の力はとても小さいですが、心ある人達が集まり良い方向に向けて行きたい物です。
署名運動等もありましたら微力ですが、協力しますのでこのHPでも呼びかけて下さい。

No title

>ぽえも様
しあわせなしっぽを応援していただいてありがとうございます。
行政への要望も数年かけて少しずつ少しずつ受け入れてもらい、譲渡会を取り巻く状況はずいぶん改善されてきていました。
その間は状況が停滞したり後退したこともありましたが、それでもゆっくりでもいいから、動物管理所の環境と譲渡会がより良くなるように頑張ってきました。
今回の中止という事態は非常に残念です。
でも決まってしまったことは仕方ありません。
中止となっても今までと変わりなく、県下各保健所には飼育放棄の犬たちが入ってきます。
今はこの犬たちを1頭でも多く助けることができるように、努力していかなくてはと思っています。
これからも飼い主さん募集を続けていきますので、応援よろしくお願いします。
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する