ご報告

3月4日に「日田玖珠の動物の命を考える会」さんが保護している子犬4頭の写真を紹介しました。
みな新しい飼い主さんが決定したようです。

ありがとうございました。

譲渡会 3/22

3月22日

朝のうちはあまり感じませんでしたが、譲渡会が始まる頃の寒さったら、もうビックリ。
薄着後悔ーー
もうすぐそこまで春は来ているはずなんだけど、どこで道草食ってるのやら。。。

今日は8頭の子犬たちが参加しました。

大きいグループの4姉妹。
子犬紹介で1頭ずつ写真を載せてあげられなかったから、今日はちゃんとご紹介。

人懐こい美人さん。
子犬2

モーモー柄子ちゃん。
子犬3

ちょっとやんちゃな甲斐ぽい子ちゃん。
子犬5

目の色が薄くてきれいな子ちゃん。
子犬6

やんちゃさんと甘えん坊さんと、姉妹でももう少しずつ性格が違ってきてる感じです。

子犬1

↑ これは甘えん坊^^
この子たちは月齢が3ヶ月を過ぎてて体が大きく寒さもへっちゃら、元気いっぱいでした。

今日の譲渡会を元気で迎えられるか心配だったのが、超チビきょうだい。
チビちゃんたち

保健所から管理所に搬入された時には8頭って言ってたかな、もっときょうだいがいたそうなんです。
でも今日でやっと6週齢ほどのオチビちゃんたち。
みんなが元気で譲渡会を迎えることはできませんでした。

飼い主からの依頼があって各保健所が生まれた子犬を引き取る場合、あまりに小さい時には、せめてあともう数週間母犬の元で育ててもらえないかと、そんな話をしてくれてる、と期待しています。
それから、一度引き取りをした犬については避妊手術を受けてもらう、そんな指導もしてくれてる、と期待しています。
でも後を絶たない飼育放棄。同じところから、ってことも今までに何度もあると思います。
行政の指導はそんな飼い主に対して、もっと強くなってもいいんじゃないでしょうか・・・


それから今日は、管理棟に収容されている柴っぽいきょうだいも、急遽参加することができました。
大分市のHP「保護収容情報」に載ってた子たちです。

柴きょうだい

よほど怖い思いをしたのか管理棟で過ごしたストレスからか、とても怯えていました。
表情を見ても分かりますよね。心が痛いです。
でも今回のチャンスで譲渡が決まりました。

譲渡決定4

譲渡決定5

心のケアにちょっと時間がかかるかもしれませんが、ゆっくりぼちぼち、接してあげて下さいね。
「子犬の譲渡会」の子と違って健康診断や避妊手術の助成がない「一般譲渡」という条件でしたが、この子たちを選んで下さってありがとうございました。


子犬たちは6頭の譲渡が決まりました。

譲渡決定1

譲渡決定2

譲渡決定3

譲渡決定6

譲渡決定7

譲渡決定8

譲渡が決まった皆様、今日は寒い中譲渡会にご参加下さいまして本当にありがとうございました。
チビちゃんたちはまだしばらく体調管理などに手がかかると思います。
大きい子ちゃんたちはもうしつけを始めないといけませんね^^

どうぞよろしくお願いします。
大きくなったらぜひ遊びに来て下さいね。お待ちしています。


で、今日遊びに来てくれたのが、昨年8月10日の譲渡会で譲渡が決まった「メイちゃん」
その時はこんなに幼かったのに・・・
メイちゃん1

今ではすっかりお美人さんになりましたよ。
メイちゃん

足が長くてスマートなのね。
今日参加の後輩子犬たちにワンワン言われて(もちろん大きいグループの)タジタジだったメイちゃん^^;
これに懲りずにまた遊びに来てね。会えてほんとに嬉しかったです。


まだ終わりませんよ今日は書きたいことが盛りだくさん。

高校受験を終えて春休み中の女の子たち2人が、ボランティアに参加してくれました。

ボランティアさん

も~ぅ、若いっていいな
譲渡会にいつもと違う活気が。

ボランティアに参加して下さる方が増えると、私たちすごく喜びます。
若い女の子だったらなおさら、所長が喜びます(冗談です)

長い時間寒い所にいたので、風邪ひかなかったかな?
お二人に来ていただいてすごく助かったし楽しかったです。
またよければ夏休みとか、日曜日開催の時に来てくださいね♪
今日はありがとう

飼い主さん募集です

次回の子犬の譲渡会はお休みですが、「日田玖珠の動物の命を考える会」さんの保護子犬が4頭いますのでご紹介します。

ブログはコチラです。
http://ameblo.jp/hitakusu-inuneko/


日田玖珠 子犬1日田玖珠 子犬2

日田玖珠 子犬3日田玖珠 子犬4


どうぞよろしくお願いします

★ お知らせ ★

次回3月8日の譲渡会は、保健所からの子犬の搬入がなかったため、お休みです。

よろしくお願いします。

ご報告

2月27日に飼い主さん募集で掲載しました甲斐ミックスくん、なんと本当の飼い主さんがみつかったんですよ。

きっかけはこのブログを見てくださった方からの「最近見かけなくなった近所の子にそっくりなんです」というメール。
飼い主さんのところに写真を持って確認に行ってくれたり、いろいろと動いて下さって本当にありがとうございました。

待ちに待った飼い主さんとの再会、大喜びで車に飛び乗って帰っていったそうです・・・

保健所からボランティアさんが保護してくれなければ、今頃はもう確実に生きてはいないでしょう。
そしてブログを見た方が問い合わせを下さったこと、ほんとにこのワンコは強運の持ち主です。

こんなこともあるんですね。。。


以前も書きましたが、もしも飼い犬がいなくなってしまったら、とにかく早く、お住まいの地域の保健所にだけは連絡しましょう。
警察や動物管理所にもできれば連絡してほしいですが、まずは保健所。

捕獲された迷子ワンコはしばらくの間、各地域の保健所で飼い主さんがお迎えに来てくれるのを待っています。
そこで指定された期間を過ごしたら大分県動物管理所に運ばれ、保護か譲渡かがされなければみな殺処分となってしまいます。

ほんとに今回はまれなケースです。生きててよかった。


ブログを読んで下さった方、もしも行方不明のワンコの「探し方がわからない」って人がいたら「早く保健所に電話!」って教えてあげて下さいね。