FC2ブログ

迷子のワンちゃん見つかりました

昨日掲載しました甲斐雑種のリンちゃん
無事に見つかり保護できたと飼い主さんから連絡がありました。

本当によかったです。

ご心配いただきました皆様、ありがとうございました。

譲渡の流れに関するお知らせ

おおいた動物愛護センターが開所してからは、事前面談・講習会・譲渡について、

「事前面談・事前講習会は同じ日に受講できるが、
譲渡(譲渡会参加・随時譲渡)については講習会受講日の翌日以降から受付可」
という流れでしたが

令和2年1月より事前面談・事前講習会・譲渡(譲渡会参加・随時譲渡)は
同じ日にできるようになります。

次回譲渡会から、午前中に面談・講習会
午後から譲渡会に参加可能、ということですね。

1月12日は20頭もの犬が譲渡会に参加します。
子犬が多く、希望が重なった場合は抽選となります。
成犬もなかなか譲渡が決まらず、長くセンターで生活している子がたくさんいます。

みなに良いご縁がありますよう、よろしくお願い致します。

お知らせ

12月8日の譲渡会に初参加のワンコたちの性格を記載しました。
ご覧ください♪

そして参加予定だった1208-1番のビーグルくんは参加見送りとなりました。
その次の22日には参加できるかな、と思います。

よろしくお願いします!

譲渡のご報告

10月25日、愛護センターから1頭の老犬くんが卒業できました。

ブーピー1


きっかけはある保健所HPの「保護・収容情報」

そこに載っていた写真を見て気になり保健所に問い合わせたところ
「飼い主が出ない、老犬だから譲渡対象とならないかもしれない」と言われ
その子に会いたいのだけど・・・と相談があったことでした。

その保健所からセンターに搬入され、会いに来てくれました。
老犬なので譲渡対象としては厳しいし、もし譲渡対象として譲渡会に参加してもいつまでセンターにいることになるのか・・・
何より会いに来てくれたご家族が「この子をお迎えしたい」と、
最初に会った時から決めて下さいました。

「ブーピー」という名前も決めて、譲渡の日まで何度もセンターに足を運んで下さいました。
ありがとうございました。
そしてお迎えの準備が整い、昨日の正式譲渡となりました。

ブーピー2



愛護センターでは、搬入される犬すべてが搬入時に「トリアージ」されます。
性格、年齢、外傷、など、様々な項目がありそれに沿って行われるのだと思います。
そこで譲渡対象、非対象、要観察の三つに分けられます。
対象となっても、血液検査で明らかな異常な数値がみられた場合は非対象となる場合もあるかもしれません。

この現実を思うと、ブーピーは本当にラッキーなワンコです。
見つけてくれてありがとう、ときっと思ってますね^^

飼い主様、ブーピーちゃんの余生を幸せにして下さり本当にありがとうございます。
ゆっくりのんびり楽しくお過ごしくださいね。

またお会いしましょう!

譲渡諸費用変更のお知らせ

おおいた動物愛護センターの譲渡会で、避妊・去勢手術済みの成犬を譲り受ける際にかかっていた譲渡諸費用が
10月1日より、
消費税率の引き上げに伴い7,550円に変更になりました。

よろしくお願い致します。

成犬6番くんについて

一昨日の「譲渡会参加予定犬の紹介」記事で一度掲載をしました新規参加成犬の6番くんですが、
ビビリな面があり、譲渡会に参加するのは少し不安があるとのことで、本日センターから引き取りました。

家庭で精神面のケアをしながら、どんなご家庭に合うのかな~とか、どんなふうに接したら安心するかな~とか
ゆっくり様子をみたいと思います。
ボランティアからの譲渡でしたらトライアルもできますし、新しいご家族様も安心して迎える準備をしていただけるかな。

連れ帰ってからはわりと落ち着いています。
そう長くない先に譲渡活動を始められると思います。

茶チワMix

おめめグリグリのチワワミックス?の男の子。
行政からは8歳くらいと言われています。

チワくん、がんばりましょう~!

ご報告

8月12日に掲載しました臼杵の迷子ワンちゃん、無事に飼い主さんのもとに戻ることができました。

地区の方のご協力もあり、本当に運の良いワンちゃん。
15歳の高齢犬だったそうです。

これからはしっかり係留し、最後まで大切に飼っていただきたいと思います。

お迎えありがとうございました!

7月14日の譲渡会に参加した3番柴くん

センターでの術後の経過観察が終わり、21日にお迎えに来ていただきました♪

柴君譲渡


柴くん、嬉しそうなお顔ですねー!

ご家族の皆様、どうぞ末永くよろしくお願い致します^^

おうちの環境に慣れて落ち着いたら、センターにぜひ遊びにいらして下さいね。
またベロチロ見せてね~♪

ご報告

7月13日 午前2時30分
保護犬のノエルが亡くなりました。


11日の朝から、アレ?体が少しだるそうかな・・・という印象でした。
12日の昼間も同じようでしたが、それでも食欲はあり普段通りご飯を食べ、水飲みもトイレも、自分で立って行けていました。
12日の夜、仕事から帰ったらしっぽを振って迎えてくれて、本当に嬉しかった。
亡くなる数時間前の晩ご飯も、チンした牛肉と缶詰を混ぜてあげたら牛肉だけを選って食べ、シーザーもあげたてみたらペロリと食べきりました。
お水も自分で立って水飲み場まで行っていました。

心配でしたが食欲はあるし、大丈夫かなぁと思いながら過ごしていましたが、最後のご飯の後、おう吐はないものの嗚咽が何回かあり、もしかしたら肺に水が溜まってきたのかも?喘鳴かな、という呼吸になってしまいました。

夜中、落ち着いて寝ているノエルのそばでウトウトしていると、ノエルが呼んだのでしょうか、
ふと目を覚ますと立ち上がっていたので体を支えると、その場で排便をしました。
それは本当に健康そのものの立派なウンチ。

あー、ノエちゃん、漏らしてもよかったのに。お利口やねぇ。きれいなウンチ出たねぇ。

そんな声をかけ、ノエルはそれを聞きながらフラフラと歩き、バタッと倒れ、そのまま腕の中で逝ってしまいました。


病気はあるものの、まだまだ頑張れると信じて疑っていなかったので
このたった二日間のことが今でもまだ嘘のようです。

ノエちゃん、よく頑張りました。
最期まで立派でした。

ノエルにお心を寄せて応援して下さった皆様、そして引き取りたいと申し出て下さったO様には、心から感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。

お声掛けありがとうございました

先日、別府の迷子犬(シュナミックス)の掲載をしました。
その後一旦愛護センターに入り、お世話のスタッフの方に様子をみてもらいながら私たちも気に留めていました。

センターでは食欲、排便排尿には問題なかったのですが、寝床に丸まって元気がない。
小柄だし可愛いし、譲渡に関してはわりとスムーズにいけるんではないかな?と思い、まずはしっかりケアをしようと、5月26日の譲渡会後にセンターから引き出しました。

引き出しのために保護棟に行くと、いつもは丸まって動かなかったシュナちゃんが、檻の入り口まで出てきていて
「あれ?動けるやん!よかった!」 と一安心。
私たちのお迎えが分かったのかしら^^
リードをつけて出してあげるとスタスタと歩き、譲渡会後にいつもワイワイお茶する(笑)ボランティアルームまで行けたのでした。
おやつのパン(人間の)もパクパク食べたりして。
その時いたメンバーみんなで
「仮名何にする?」「シュナだからドイツぽい名前」「アブラハム・・・」「それ男!」
と、けっこういろいろおもしろ名前が出てきましたが、結局
「ノエルちゃん」 ・・・それフランス語(笑)

連れて帰った日はよく食べ落ち着いていて、とりあえず栄養のあるものを食べさせてゆっくり様子をみようとしていたところ
保護二日目におう吐があったので、病院へ。
血液検査やレントゲン、エコーなどの結果、重度の貧血、肝臓の腫瘍があり、譲渡は無理そうです。
今後は様子をみながら、もし痛みや苦しみがでた場合はそれを取り除いてあげるような対処療法をしていこうかと考えています。


動物管理所の時代から、おおいた動物愛護センターに場所は移っても「譲渡会」ではたくさんの譲渡希望の方で賑わい、
しっぽの保護犬の譲渡活動でも良いご縁に恵まれ、
最近は毎日のように「こんなに元気に過ごしていますよ!」と譲渡後のお便りをいただきます。

本当に嬉しく、励みになっています。
どれだけ感謝してもし足りないくらい^^

でも、優しく愛情にあふれた飼い主様がたくさんいる中、ノエちゃんのように棄てられてしまう犬もいます。
ノエちゃんには首輪も付いていましたし、絶対飼い主がいました。
病気だから棄てたのでしょうか?
センターに搬入される他の多くの犬もそうです。
法律がありますので、棄てられ、放浪している犬は捕獲されます。
行政の管理となると、譲渡に向かないと判断されれば殺処分です。

どんな感情を持つ人間が、これまで家族同様過ごしてきただろう動物をポイ、と棄てられるのでしょうね。
やっかいなものが手元からなくなったら清々するのでしょうか。
本当に恐ろしいです。
いくら「責任と愛情を持って終生飼養を」「動物の遺棄は犯罪」なんて啓発をしても、そんな人には届かないのですよね。
もどかしいし悲しいことです。


しっぽの活動の中で良いご縁に感謝することのほうが断然多いですが、ノエちゃんのような現実にもたくさん向き合っています。
感情のコントロールもうまくなってきたかもしれませんね。
動物愛護の活動をされている方はみんなそうなんでしょうね。

くじけそうになりますし、ボランティアなんだからやめるのも簡単。
でもまだ頑張ろう、もうちょっと頑張ろうという選択をずっと続けているんですよね。


あー。。。
愚痴ですね^^;
たまに愚痴書かせて下さい^^;


・・・てか、こんな田舎の小さい動物愛護グループですが、応援して下さる方がたくさんいるんですから、やめるの簡単、ではないですね^^;
がんばりまーす。

ノエちゃんもがんばりまーす

ノエル1

ノエル2


最後になりましたが、迷子のお声掛けのご協力をありがとうございました。
結局、飼い主からの迎えはありませんでした。