FC2ブログ

いよいよ

開所まであと1か月となりました。

センター1

センター3

センター4


立派でーす

広いドッグランもありますし
ラン1

開所したらぜひ見学に行って下さいね!


2015年の10月から12月に行った、動物愛護センターの設置を求める署名活動では本当に多くの方からご協力をいただきました。
ありがとうございました。

新しい場所ができても、私たちの活動内容・目的は変わることはありません。
地道に丁寧に、今まで出会った方、これから出会う方、すべてのご縁に感謝しながら。

今年も応援ありがとうございました

今年も残すところあとわずか。
皆様はどんな1年でしたか?

しっぽの活動としてはいつもの年と変わりなく、子犬の譲渡会や、保護犬の譲渡活動でとても良いご縁に恵まれた1年でした。
譲渡後のお便りも嬉しかったな♪
中でも、子犬の兄妹のご家族がコメント欄でお話しして下さってたのは本当に嬉しく思いました。
また、たくさんの方からの応援、ご寄付も頂戴し、メンバー一同心より感謝申し上げます。

さて、今年最後の活動・・・(だと良いのですけど)は
1月15日の譲渡会に参加する子犬たちが搬入されましたので、年越しはメンバー宅でしようね♪と管理所から一時預かりをし、お世話をすることに。

子犬1

5頭の兄妹です。

シャンプー

お風呂入ったーよー
シャンプー1

ちっちゃいのであっという間にシャンプー&ドライが終わり、綺麗になって、2頭と3頭に分けてメンバー宅へ。
暖かいおうちで年越しできて嬉しいね~。

抱っこ気持ちよいね~
子犬4

子犬2

疲れて寝ちゃった^^;
子犬5


1頭ずつの紹介は後日、改めて掲載しますね。


この子たちの他に、保健所や管理所から引き出し、しっぽメンバーが保護・ケアをしている犬たちがいます。
シニアの小型犬が2頭、中型男の子が2頭、ビビリで人馴れ練習中の男の子が2頭。
6頭が年越し組です。
あと、28日からトライアルに行く子が1頭。ガンバってこーい!

年越し組は、飼い主さん募集をしていますがなかなかご縁がなかったり、飼い主さん募集のタイミングを思案中だったりで、来年も引き続き頑張っていかなければいけません。


保健所や管理所に収容される全体の数に比べたら私たちが保護・譲渡活動できる犬はほんのわずかですが、「保健所から、ボランティアから犬を迎えよう」とお考えのご家族と良いご縁が繋がるよう来年も努力していきますので、引き続き応援をよろしくお願い致します。

お知らせ

12月18日の子犬の譲渡会は、子犬の搬入がないため中止です。

お知らせ

12月4日の譲渡会に参加する子犬たちは、11:30以降に管理所に搬入します。
参加予定のご家族様は、その時間に合わせて管理所までお越しください。
よろしくお願いします。

お知らせ

11月13日を予定しておりました子犬の譲渡会は、子犬の搬入がないため中止です。

お知らせ

11月4日(日曜日)を予定しておりました子犬の譲渡会は、子犬の搬入がないため中止です。

その次の予定が11月13日です。
開催については来週掲載致します。
よろしくお願いします。

お知らせ

10月16日を予定しておりました譲渡会は、子犬の搬入がないため中止です。

明日は子犬の譲渡会です

明日、10月2日は子犬の譲渡会です。
5頭の子犬が参加しますのでよろしくお願いします。

子犬の他に、先日新しい飼い主さん募集を掲載した成犬が1頭、参加します。

詳しい内容はこちら↓
新しい飼い主さん募集

ゆかちゃん3


お問い合わせがないんですよね

穏やかな性格で、毛色の綺麗な女の子です。
まずはお見合いだけでもありがたいです。
ボランティアの保護犬ですので、トライアルもできます。

良いご縁がありますよう、どうぞよろしくお願い致します。

お知らせ

9月11日の子犬の譲渡会は子犬の搬入がないため中止です。

バザー品のご寄付が届いております。
ご協力いただいた皆様に感謝申し上げます。ありがとうございます。

引き続き受け付けておりますので、よろしくお願い致します。

平成30年度 動物慰霊祭

9月2日
大分県動物管理所で命が絶たれた犬・猫の慰霊祭が行われました。

平成29年度
 犬殺処分数 : 240頭
 猫殺処分数 : 1764頭

平成29年度の犬(成犬・子犬、大分県内すべての保健所合わせて)の統計です。

捕獲 : 508頭
引取 : 194頭  計702頭

返還 : 279頭
譲渡 : 183頭  計462頭

-------------------

近年、多くの方がテレビやネットを通じ動物愛護という言葉を目にし、行動を起こしています。
それは保護や譲渡活動だけではありません。
犬を飼おうとする時に、保健所から、またはボランティアの保護犬を迎えるということを選択肢の一つとして考えていただくことも、大きな動物愛護の行動です。
私たちの活動も、そんなご家族様との出会いを繰り返し、成り立っています。

保健所には捕獲された犬と、飼い主が飼えなくなり引き取り依頼を受け収容された犬がいます。
迷子で捕獲された犬には首輪がついています。
収容期限が決められ、それまでに飼い主からの迎えがなければ処分となります。

きっと飼い始めた時はその子が生活の中心になるくらい愛情を注ぎ、可愛いがったはずです。
ですがそれが続かない人がいます。

動物も家族の一員です。感情がある命です。思い通りにはいきません。
病気になるかもしれません。老いて動けなくなるかもしれません。
動物と生活を共にするということは愛情と責任を持ち続けなければいけません。

天寿を全うすることなく、殺処分となってしまった犬・猫たちが安らかに眠れるよう祈ります。

犬魂碑
犬魂碑

猫魂碑
猫魂碑


-------------------

この日管理所に着くと、お手紙と一緒にドッグフードや器、介護用のハーネスなどのご寄付がありました。
老衰で旅立ったワンちゃんのものとのこと・・・・・
保護犬のために大切に使わせていただきます。

ありがとうございました。