FC2ブログ

嬉しいお便り

昨年2月にボランティアが保護し、その後譲渡となったワンちゃんの飼い主様より嬉しいお便りをいただきました。
当時の保護子犬(たち)のケアと譲渡は、しあわせなしっぽではとても思い出深い出来事でした。

譲渡会に参加した時の様子と
 「2018年3月20日譲渡会」

その後、すべての保護子犬が譲渡となった時の記事です
 「6頭の保護子犬の譲渡」


今回、柴系兄妹のうちの女の子、ツバキちゃんの飼い主様よりお便りをいただきました。
譲渡から1年ですね~^^

ツバキちゃん1


譲渡時から、綺麗なお庭をダメにしちゃわないか心配したり、防御柵を作ってくれたお父さんのご協力にも感謝していましたが・・・

「父が作った庭の防御柵もあっけなく落城し、母から庭の一角をもらって毎日穴掘りに精を出しています。」

・・・・・チ───(´・д・`)───ン
ツバキちゃん、専用のお庭、もらったんだね・・・・・


「小屋を用意したのですが、一年たっても一回も入ってくれず、雨の日も雪の日も暑い夏の日も庭の土の上や屋根のあるコンクリートの上で、ご機嫌で過ごしています。」


あははは、マイペース^^;
掘ってますねーーー
ツバキちゃん2


迎えた当初はお散歩もビクビク。
でも1年経ちたくさんの友達もできたそうで、毎日散歩の途中でいろんなワンちゃんとじゃれているそう。
大きい秋田ワンコとも!すごいね~。コントロールする飼い主様はたいへん^^;

先住猫ちゃんもいて仲良くしてたそうですが、ちょっと調子に乗ったツバキちゃんには厳しいそうですよ。
遊んでもらえなくなってツバキちゃんは切ない声で鳴いているそうですが・・・
ちょっと勉強になったかな!?

ほとんど吠えず、初めてのお客さんは気づかず帰ったりもするそう。
気づいたお客さんはみな「おりこうさんだね!」と褒めてくれるそうですよ。

ツバキちゃんが落ち着いて生活ができるよう、寄り添い、いたずらも許し、
お互いに過ごしやすいよう工夫をしていただいて、本当に感謝しています。
ありがとうございます。


保護担当で当時お世話をしていたメンバーは、

6頭の中で一番最後まで警戒心がとれなかったのはツバキちゃん。
でも徐々に慣れてくれて、そうなると一番甘えん坊さんに^^
ウレションしまくりで、抱き上げる時はかからないようにいつもへっぴり腰してたなぁ~、と懐かしんでました^^


家族になる方のご理解と、迎える子に合った環境を用意してもらえることで、
ちょっと「難しいかな」という印象の子もちゃんと家庭犬として過ごしていけます。

もちろんクリアするにはたいへんな努力が必要ですが、簡単に「殺処分」という判断だけはしないよう
愛護センターになったから安心、ということではありませんので、私たちも1年前の出来事を忘れず頑張っていかなければいけません。

ツバキちゃんの飼い主様のお便りで改めて気持ちが引き締まりました^^
ツバキちゃんの兄妹たち、そしてラブ系3兄弟たちも元気で過ごしているかな!?

いつかお会いできたら嬉しいです。

嬉しいお便り

4月14日の譲渡会に参加した5番ちゃんの飼い主様より嬉しいお便りをいただきました♪

お名前は、
「わが家の小さな大切な命」から「メイ(命)ちゃん」と名付けました、とのこと。
ご家族皆さんで考えてくれたんでしょうね~、とっても素敵です✨

メイちゃん

元気でお転婆、ご飯もいっぱい食べて順調に育っているようです。
お庭で走り回って探検したり、おもちゃで遊んだり、まったくじっとしていないとか

広くて素敵なお庭ですよね!うらやましい~~
綺麗な芝をホリホリしないようにね~^^;


「これからずっとメイちゃんと一緒に幸せに楽しく過ごしたいです」
と、ママ様。

ありがとうございます。
どうぞ末永くよろしくお願い致します。

メイちゃん、元気で明るく、誰からも好かれる可愛い女の子に育ってね!

嬉しいお便り

先日、譲渡後のお便りで紹介した「小雪ちゃん」の記事を見て、
「うちの子小雪ちゃんの姉妹です!」と嬉しいお便りをいただきましたよ^^

2014年12月9日の譲渡会で6番ちゃん。
その日はご縁がなく、12月15日に随時譲渡で迎えていただきました。

飼い主さん募集女の子1


お名前は「ひまわりちゃん」
ひまわりちゃん1

ママ様より
「あんなに小さかった子犬は17 ㎏に成長し
顔はシェパード、色は柴犬色 毛並みはコーギー
胴長 足長でとてもとても立派な女の子になりました
(いつも男の子に間違えられます)
走るのは速く 馬のようです」

とのこと^^

ほんと、17キロは立派ですねー!
筋肉もしっかりついていそうw(*゚o゚*)w

ひまわりちゃん2


ひまわりちゃん中心の生活となり、時には大変なこともあるそうですが

「ひまわりがお星さまになるまで大事に面倒をみます
その為には私が元気にしておかないと
犬に元気と癒しと健康をもらってます

ひまわりとはずっーと一緒に暮らします
我が家の大切な可愛い次女です」

と、ママ様。

本当に嬉しいですね( *ˊᵕˋ )

ひまわりちゃん3


いつか姉妹再会ができたらいいですねー!
そしてひまわりちゃん・小雪ちゃんともに随時譲渡だったので飼い主様にお会いできていないまま。
私たちもぜひご家族様にお会いして直接お礼をお伝えしたいなぁと思います。


毎年、譲渡犬対象のしつけ講習会と同窓会を行っています。
今年の予定は5月19日の日曜日。
おそらく決定かなぁ・・・とは思いますが、センターから決定の知らせが届き次第、改めてお知らせしますね。

たくさんの卒業ワンちゃんとご家族様にお会いできたら嬉しいです。

嬉しいお便り

昨年11月に新しい飼い主さん募集を掲載し、譲渡となった柴ちゃんの飼い主様よりお便りをいただきました。

(写真左)モアナちゃん
モアナちゃん2

管理所からの直接譲渡で、急に環境が変わって不安がみられるモアナちゃんにゆっくり向き合って下さいました。
当時はたくさん心配もありましたよね。
本当にありがとうございました。

モアナちゃん1

先住のロックくんとコスモちゃんも優しく迎えてくれました。
そのコスモちゃん、2月の終わりに天国へ・・・
18歳と3ヶ月。飼い主様がどれだけ大切にお世話していらっしゃったか分かります。

モアナちゃん5

コスモちゃんが亡くなったあと、モアナちゃんとロックくんの距離が縮まったようです。
ふたりで寂しさを分かち合っているような。

モアナちゃん3

モアナちゃん6

モアナちゃんは先月無事に避妊手術も終わったそうで、昨年11月からの一連の手続きがすべて完了。
これで一安心ですね。
コスモちゃんの介護がたいへんな時にお疲れ様でした。

モアナちゃん7

飼い主様、ロックくん、これからもモアナちゃんをどうぞよろしくお願いします。
またお便り下さいね^^

嬉しいお便り

2015年1月15日に動物管理所から譲渡となったワンちゃんの飼い主様より嬉しいお便りをいただきました♪

2014年12月9日に譲渡会初参加。
この時は6兄妹で参加したのですが、どの子も決まらず・・・

12月22日に2回目の譲渡会参加。
それまでに2頭が随時譲渡で決まっていて、この日は4兄妹で参加しました。

子犬4

管理所での冬の譲渡会、いつも寒かったなぁ~。
このストーブの上でお芋焼いて、人もワンコも一緒に食べてたよね~。懐かしい。

子犬5


この日に1頭が譲渡となり、残りは3頭。
次々と随時譲渡となる中、最後に残っていた子を迎えていただきました。

飼い主さん募集


子犬1


あれから4年、凛々しいお顔立ちの女の子に成長しましたよ!

「小雪ちゃん」
小雪ちゃん1

毛色が成長とともに変わりましたねー!
お耳もピンと立ちました。

小雪ちゃん2


当時のブログや、小雪ちゃんをお迎えいただく前に何度もやり取りをさせていただいたメールを読み返したりして、残った子の譲渡に必死だったな💦と、いろいろと思い出しました。

飼い主様からの今回のお便りに、
「子犬の時よりもとても可愛い」
「こんないい子をありがとうございます!」

とのお言葉があり、めちゃくちゃ嬉しかったです。感激しました。


当時、随時譲渡でのお迎えでしたので、私たちは飼い主様にはお会いできていないままです。
お忙しいかとは思いますが、いつかセンターの譲渡会がある日にご家族皆様で遊びに来てくださいね♪
お待ちしています。

嬉しいお便りをありがとうございました。
お会いできる日を楽しみにしています!

嬉しいお便り

昨年、4月10日の譲渡会で子犬を迎えていただいたパパ様より、嬉しいお便りをいただきました!

「スズちゃん」
スズちゃん1


ひゃーー、ちっちゃい!
可愛いですね~

スズちゃん4


ちょうど今日で1年記念日♪
おめでとうございます♪


「エヘ。毎日しあわせなの。」
スズちゃん2


スズちゃん3


さすがにもぅ花壇の中に入ったら「パンジーぐちゃぐちゃなるわ!!!」て怒られるねぇ~(笑)
ほんと、大きくなったねぇ♪

パパ様から
「出会って家族になり1年たちました!!
毎日可愛いすぎ、喜びを与えてくれます 出会えた事に感謝です


いえいえ、感謝はこちらのほうです^^
ご家族の皆様、スズちゃんにたくさんの愛をありがとうございます!
本当に嬉しく思います。

またいつかお会いしましょうね!楽しみにしています^^


「2018年4月10日 譲渡会」

1年・・・あっという間ですが、当時一緒に譲渡会に参加していた子犬(だった)2頭は、今もまだボランティアが引き取り、精神面でのケア中です。

私たちボランティアは管理所で初めて出会った子犬たちでしたが、同じくらいの月齢で、譲渡ができた子犬たちと比べてこんなにも違うものかと思います。

当時思っていたことも書き綴っていたようですが・・・
センターになって、犬たちのお世話スタッフさんも変わり、愛情をこめて接して下さっています。
毎日ありがとうございます。

譲渡に繋がるよう、私たちも努力していきますね。

嬉しいお便り

今年1月15日の譲渡会で譲渡となった子犬のママ様よりお便りをいただきました♪

柴系兄妹の1頭、まろまゆくん^^
小太郎くん1

5頭の兄妹、みんな可愛かったですよね~

おうちに迎えてから2か月、元気に成長していますよ!
お名前は「小太郎くん」
小太郎くん


散歩に慣れるまでは、前から人が来たり他の犬が鳴いていると怖くて動けなくなったり、パニックになったり・・・
でも、よく会う大きいワンちゃんをお散歩させているおじいちゃんにたくさん遊んでもらったことで少しずつ慣れてきたようで、他の人やお散歩中のワンちゃんと出会っても普通にすれ違うことが出来るようになりました。

優しいおじいちゃんと大きいワンちゃんに感謝ですね~!
小太郎くんもよく頑張りました♪


引っ張り癖のしつけもいろいろと調べて勉強していただいたようで、少しずつママのお顔をチラチラ見ながら歩くようになったそう。
車にも慣れてもらうために、近場から練習をしているとのこと。

根気よく続けて下さっている様子に感謝です。
少しずつ、必ず成長しますからね!
これからも楽しみですね。

お子様たちもとても小太郎くんを可愛がってくれています。
学校から帰ったらおうちに入る前にまずは鞄を放り投げて(笑)お庭の小太郎くんのところへ。
小太郎くんもお子様たちの帰りをずっと待ってるんでしょうね。

センターのドッグランや、家族みんなで夏の海やキャンプに・・・という夢は近いうちに叶いそうですね!
ぜひ譲渡会のある日にセンターに来ていただけたら♪
しっぽメンバー皆で待ってますね~


嬉しいお便りをありがとうございました。
また成長の様子を教えて下さいね^^

嬉しいお便り

先日、しあわせなしっぽにとても嬉しいお便りをいただきました。
平成17年(2005年)の子犬の譲渡会で子犬をもらっていただいたご家族様からでした。

しあわせなしっぽの発足が平成16年ですから、まだまだ当時はボランティアメンバーも少なく、譲渡会自体の周知もされていなかったからか、何より大切な譲渡希望の方も少なく・・・
管理所に搬入される犬たちも、成犬・子犬ともにとても多かった。
譲渡会に参加できる犬は、比較的状態や性格の良い「子犬」のみ。
参加頭数と、譲渡希望の方とのバランスで、3回の譲渡会参加で決まらなければ殺処分、となっていた時代です。

そんな過酷な状況の中で幸せをつかんだ子犬が「りきくん」でした。

リキくん2

平成17年10月11日が譲渡の日だったそうです。
不安そうなお顔ですね。

当時の様子をママ様からのメールをそのまま紹介させていただきますね。

「私が譲渡する前、見学に行った時の事です。
あまり見栄えの良くない女の子犬が里親候補がなく隅でじっとしてました。
ボランティアの方が『あの子はとってもいい子なんですが今日決まらなければ最後なんです。』
私は家族の同意なく決められませんでした。
ある女性の方が『女の子は…』といったん帰られたのですが直ぐ引き返し『その子にします!』
その子犬は譲渡決定のサ-クルに移されたとたん元気いっぱい走り回りだしたのです。
『里親が決まって安心したんだね!』とボランティアの方も笑顔に!
次の譲渡会で決めた我が家の愛犬も元気な子犬達の下敷きでじっとしてて
聞けば兄弟で搬入され、一人残った子犬だったんです。
どの子もそれなりに心傷ついて過ごしてたんだなと思いました。」

当時はそうですね・・・
悲しく悔しい思いをしながらも、1頭でも多く命を繋ぐお手伝いをすることに精一杯でした。

ママ様より
「強い子になってほしいと『りき』と名付けましたが持って生まれた性格か、気弱、
でも誰からも穏やかで綺麗な犬だと褒めていただきました。」
とのこと^^

リキくん1

穏やかな優しいお顔ですね、りきくん。
幸せに過ごしていたことがこの写真1枚からでもすごく伝わります。


りきくんは昨年7月15日、13歳を目前に天国へ旅立ったそうです・・・・
ご夫婦のそばでいつも寄り添っていたりきくん。
助けてもらったご恩にしっかり報いてくれたのでしょう。
しあわせな犬生でした。
パパママ様の愛情に心より感謝申し上げます。


そしてママ様から、私たちにエールをいただきました。
「おおいた愛護センタ-開所で成犬保護、医療、しつけ…と皆さんが一丸となられ
譲渡が決まり、動物の命を救える事は嬉しいかぎりです。
主人は辛い日々(りきくんが)何時も傍に寄り添い、気持ちを癒してくれてたので思いがまだ強く
『もう飼わない!』と言っていましたが、主人のためにも寄り添う子がいたら
という思いもあり、愛護センタ-の見学に誘い、ブログを見せたりしていたら
『似た犬なら』とその気になりだしたところです。
センタ-の方にもまた、見学を兼ねお話しにお伺いします。
陰ながら応援してます。頑張ってください!」


今はまだりきくんへのお気持ちが強いでしょう。
でもいつか新しい家族を迎えようかという時がきましたらぜひ、愛護センターやボランティアの保護犬を迎えていただければ嬉しく思います。

そして平成17年当時のしっぽメンバーが現在も頑張って続けておりますので!
いただいたメールを読んで「しっぽの活動を判って下さっている方たちがいる」と嬉しく思い、過去の出来事を再確認し、新たな活力となりました。
本当に嬉しいお便りをありがとうございました。
パパママ様にお会いできる日を心から楽しみにしています。

嬉しいお便り

以前、保健所に入った成犬を保護し、その後もらってくれた飼い主様より可愛い写真を送っていただきましたよ♪

ポメラニアンのラッキーちゃん
シャンプーして気持ちい良いのと疲れたのでウトウト・・・
お気に入りの椅子の上だそうですよ。

ラッキーちゃん

迎えていただいたのは2014年の夏でしたね~。
先住のワンちゃんとの相性が合うか心配しながらでしたが、しっかりサポートしていただき仲良く過ごすことができました。


そしてダックスのくうちゃん
くうちゃん

くうちゃんもシャンプーしてもらってフワフワ^^
ラッキーちゃんを迎えていただいた2年後、またしっぽの保護犬を迎えていただきました。

お口の周りとおめめのところが白くなってる^^

2頭ともとても大事にしていただき、また、いつもしっぽを応援していただき心から感謝しています。
これからもどうぞ末永くよろしくお願い致します。

嬉しいお便りをありがとうございました^^

嬉しいお便り

2005年のある日。
子犬の譲渡会後に動物管理所の管理棟の中で母犬が6頭の子犬を産んでいるのに気づき、しっぽメンバーが母子みな保護したという出来事がありました。

メンバー宅でスクスク元気に育った子犬達は優しい飼い主さん達と出会い、それぞれのご家庭に巣立って行きました。

53488038_1256293474538506_4394919422725193728_n.jpg


それから14年・・・・

子犬の中で ビーグル犬の特徴が強く出ていた女の子をもらって下さった飼い主様より
「元気にしていますよ!」と嬉しいお便りを頂きました。

53178291_331406830819153_1068311671077863424_n.jpg


ママの「シータちゃん」と、譲渡の日の懐かしい写真^^
シーちゃんジェリーちゃん


ビーグル犬の先住ワンちゃんのお名前が「トム君」なので お名前は「ジェリーちゃん」

53302330_262764744616275_5055125221187518464_n.jpg

床やドアもワンちゃん仕様で広い専用ドッグラン・・・至れり尽くせりで羨ましい~!


トムお兄ちゃんは3年前に亡くなりましたが、弟分のトイプー「トムリン君」と毎日愛情いっぱい、幸せに暮らしています。

ジェリーちゃん3

ジェリーちゃん1

ジェリーちゃん2


ジェリーちゃん、とてもシニアには見えませんね!
14年もの間、変わることのないたくさんの愛情をもらってるからでしょうね^^

パパママ様、本当にありがとうございます。
この上ないご縁に恵まれ、今でもずっと感謝の気持ちは忘れていません。

これからもどうぞ末永くよろしくお願いします!


そして、ママのシータちゃんも・・・・

シータ

16歳くらいになるのでしょうか。
最初に保護した、しっぽ初期メンバー宅でのんびり幸せに暮らしています^^
シータちゃん、まだまだ長生きしてね


-----------------------

温かい家族の愛情に包まれて幸せな犬たちがいる一方で、今日もセンターではたくさんの犬猫が不安に過ごしています。
飼い主が違うだけ。
犬猫には何の罪もありません。

今飼い主である人は、どうか最期まで家族の一員として大切にしてほしいと思います。
そしてこれから犬猫を家族に迎えるご家族様には、ぜひセンターから、また、ボランティアの保護犬猫を譲り受ける選択をよろしくお願い致します。