FC2ブログ

ジョンくんのお話

まだ、動物愛護センターができる前の動物管理所から引き出し保護をした、ブリ谷ジョン君のお話です。
しっぽを応援して下さる皆様に、ボランティア活動の先に、こんなに穏やかな余生を過ごすことのできた病気持ちの老犬の保護わんちゃんがいた事をお伝えできればと思い、記事に致しました。

----------------------------------

2017年1月の終わりころ、動物管理所に搬入された成犬がいました。
飼い主のおじいさんが亡くなり、他の家族も引き取らなかった、といった経緯でした。

管理所時代ですから、家族の飼育放棄の場合は私たちの目に触れることもなく殺処分、ということがほとんどだった頃。
ですがとても性格がよく、綺麗で、大切に飼われていたのでは・・・と
当時の職員さんもこのまま処分というのは苦しかったのでしょう、私たちに
「こんな子がいるんだけど・・・」と声をかけてくれ、私たちは管理所に出向きました。
わんこに会って私たちも同じ思いでした。
話し合いの結果、預かり担当も決め、引き出すことに。

成犬4


まずはいつもの健康診断へ。
そこでいろーーーーーんな病気が分かったのでした。

それでも、できる限りのことをやろうと声掛けをしたり
ブログや新聞に飼い主募集を掲載したりして
新しい飼い主になって下さる方を必死にさがしましたが、簡単に見つかるはずはありません。

それを知って里親になって下さったのは、とある障がい者施設の方達でした。
とても明るく優しい動物好きな社長様をはじめ、施設の皆様と大変ありがたいご縁が繋がりました。
施設がお休みの日は、施設責任者のご家族様で一緒に散歩に連れて行ってくれていたそうです。

実はこちらの施設には、ジョン君より以前の2014年2月に
右目の悪い柴犬のよっちゃんの里親になって下さったご縁がありました。
もう感謝しかありません・・・

よっちゃん1

ジョン君とはオス同士。
初めはよっちゃん先輩とガウガウケンカしてしまったり…。
でも徐々に仲良くなって、施設の皆さんが作ってくれた2匹の小屋もお隣同士になりました(^^)

ジョン君の譲渡から1年後のお便り
「嬉しいお便り」

おそらくブリタニースパニエルという犬種、そしてじいちゃんが付けていた名前ジョン
それで保護中に私たち、ブリ谷ジョン君、というふざけた名前で呼んでいたのを、そのまま変えることなく可愛がっていただいていました


譲渡から2年半が経ち、先日、施設の方から連絡を頂きました。

「9月28日に、ブリ谷ジョン君が亡くなりました。
今年に入り、血尿が何度か出たり、動けなくなったりしていたのですが、その都度持ち直していました。
今日は、朝の散歩から帰って立てなくなり
病院に行って帰ってきて
1時間後にいつもお世話をしている男の子に見守られ、息を引き取りました。
その後、いつもいた小屋の近くにお墓を作り、奉納しました。
皆んなや、よっちゃんの側なので見守ってくれると嬉しいです。
皆んなに毎日、お世話をしてもらい、ここでの生活は、良い犬生だったかなと思います。

いつも病院に一緒に行っていた利用者さん、看取った男の子など、
ジョン君と関わった人達が、心からジョン君の死を悲しみ泣いていました。
ジョン君幸せです。
施設で、このような経験が出来る事、改めて素晴らしいと思いました。」


素晴らしい環境の中、皆さんの愛情、そして元気をもらって
ジョン君は心臓や肝臓が悪いと思えないくらい元気に、そして沢山の方に甘えて
2年半もの余生を過ごす事ができました。

2回目の冬には立派な毛布を用意してくれたり、よっちゃんも寒がるジョン君を温めようとくっついてくれていたそう…。
お顔の白くなったよっちゃん、仲良くしてくれてありがとうね。

よっちゃん2

ジョン君やよっちゃんの小屋のお隣にあるベンチの上には
いつも皆さんがジョン君をブラッシングしてくれるブラシ、
手作りのお墓には皆さんが畑で花を咲かせたヒマワリがありました。
こんなに可愛がってもらえてたんだね。

ジョンくん


ジョン君、幸せだったね。よく頑張ったね。安らかに眠ってね。

お世話担当の方や可愛がって下さった施設利用者の皆様
たくさんの愛情を注いでいただき本当にありがとうございました。


----------------------------------

おおいた動物愛護センターが開所してから、管理所の時代に比べ、
一時的に収容保護できる犬・猫のスペースは増えました。
しかし、保護できる頭数には限界があります。
テレビや新聞でご存知の方も多いかと思いますが、今、センターでは特に猫が一般の方からの持ち込みが増え、センターの収容能力を超え、殺処分数が増えました。

そして、収容された動物達がセンターから出られる方法は三つ。
飼い主からのお迎え、
譲渡などで新たな飼い主さんと出会う、
そしてもう一つが…殺処分の判断をされる。

私たちボランティアは全ての命に手を差し伸べてあげる事はできません。
残念ながら犬の殺処分も続いています。

今回ご紹介した、きっと子犬の時から誰かが飼っていたジョン君やよっちゃん。
ハンデがでたり、高齢になってから手離された犬達です。
そんな犬達が新たな飼い主さんと出会える可能性は、センターができてからも変わらず困難な状況です。
私たちもリスクのある子たちを前に悩む日々が多くなりました。

どうか、しっぽのはえた小さな家族を最後までお世話してあげてください。
その当たり前の事が、身近にできる動物愛護活動であって、私達ボランティアへの最大のご協力です。
そして、皆さまからの応援やお声をかけていただける事が、あたたかいご支援となっています。
ありがとうございます。

ジョン君が亡くなったことは悲しい知らせでしたが、幸せに生きぬいた最後の2年半を思い、頑張る気力をもらいました。
ジョン君のような奇跡を信じてこれからも活動していきたいと思います。

嬉しいお便り

9月22日の譲渡会に参加した2番の黒柴ちゃんの飼い主様よりお便りをいただきました。

「レンちゃん」
レンちゃん1

先住のダックスの「らんくん」と。
仲良くできていますね!

レンちゃん3

やはりお迎えして最初は、部屋の隅っこでビクビクしていたそう。
でも一日一日ご家族の皆様と過ごし、レンちゃんも一生懸命考えて学んで、少しずつ慣れてきました。

レンちゃん2

らんくんとお揃いの迷子札も作ってもらったって♪よかったね~
お散歩も楽しく行ってますね^^

飼い主様、嬉しいお便りをありがとうございました。
センタードッグランにも遊びにいらしてるとのことでしたので、ぜひ譲渡会にも遊びに来て下さいね!
また会える日を楽しみしています。

嬉しいお便り

今年の1月、東部保健所から動物管理所に搬入されていたミニチュアダックスくんを引き出しました。
たしか飼い主の飼育放棄だったかと記憶しています。

管理所で血便をしていたので、あまり迷う間もなく勢いで引き出した感じでしたね。。。

すぐに診察してもらい、血便はストレスからか?一過性のものですぐに治りました^^
そしてケア中に、親しい方から新しい飼い主さんを紹介していただき、
保護から2週間という早さでトライアル開始、その後無事に正式譲渡となったのでした。
ありがたや~~✨

「りおくん」
りおくん2

気持ちよさそうですね~^^


りおくん1


気持ち良すぎですね~(笑)

とても元気に過ごしているようでとても嬉しいです。
ありがとうございます。

そしてママ様から「センターのワンコたちに」と
おもちゃや雑貨のご寄付をいただきました。

近いうちにセンターに持って行きますね!ワンコたち喜びます♪

ひとつだけ、これから譲渡活動に入る保護っ子にもらっちゃいました~(* ̄∇ ̄*)

藤くん

喜んでま~す♪

ママ様、嬉しいお便りとご寄付をありがとうございました。
これからもどうぞよろしくお願い致します^^

嬉しいお便り

譲渡から1年が経った「ミヤマちゃん」の飼い主様より嬉しいお便りをいただきました。

ミヤマちゃん2

ミヤマちゃんは昨年の7月8日、管理所での子犬の譲渡会に出る予定で準備をしていたワンコでした。
譲渡会当日、アレ?この子お腹大きくない・・・??

てことで、ミヤマちゃんしか参加犬がいなかったので譲渡会は急きょ中止、しっぽメンバーが連れ帰り、その月の末に6匹の元気な子を産んだのでした。

ミヤマちゃん1

そして9月15日、ミヤマちゃんの出産・育児が終わるのを待ってくれた飼い主様に無事に譲渡となりました。

私たちにとってもとても思い出深いミヤマちゃん。
「元気いっぱい健康です」という飼い主様のお便りに、とても嬉しく思います。

ミヤマちゃん3

ツヤツヤの毛並み、リラックスしているお顔。
幸せに過ごしているのがよく分かります^^

飼い主様、嬉しいお便りをありがとうございました。
どうぞ末永くよろしくお願い致します!

嬉しいお便り

先日の譲渡会に参加したモフくんポメくんの新しい飼い主様より、嬉しいお便りをいただきました♪

ポメくんは「レオン」
レオンくん

モフくんは「クー」
クーちゃん

新しい名前もつけてもらい、ふたりとも良いお顔になりましたね^^

迎えた初日からすぐにおうちに馴染んで、夜も熟睡したとか
やっと安心して眠れたんだね。
クーちゃんはたまにお兄ちゃんの足を枕にして寝てるって。寝言も言うって。
自由だねぇ~(笑)

お散歩も好きで毎日よく歩いているそう。
おうちの周りの環境もとても良いとのことで、のびのび生活しているようです。

本当に良いご縁に恵まれ、心配だった毎日、長くご縁を待った日を忘れてしまいます
レオンくんクーちゃん、まだまだ長生きして、ご家族の皆様にいっぱい可愛がってもらってね。

飼い主様、この度は本当にありがとうございました。
どうぞ末永くよろしくお願いします!

嬉しいお便り

今年4月9日にセンターの保護成犬をもらって下さった飼い主様よりお便りをいただきました。

「令くん」
令くん1

笑顔がすごい可愛い~!
譲渡から5か月、すっかり新しいおうちでの生活に馴染んでますね。

なかなか大きい男の子ですが、室内犬♪

令くん2

この座椅子がお気に入りだそうで、ほんとはもう古いので棄ててもいいんだけど・・・
棄てられません💦と飼い主様

お散歩、ご飯、お昼寝とのんびり幸せな毎日を過ごしている令くんです。

飼い主様からは定期的にお便りをいただくのですけど、そのお便りには必ず
「令くんは元気に過ごしています。安心して下さいね。
お身体に気を付けてお過ごし下さいね。」とのお言葉。
私たちのことも気遣っていただき、優しい飼い主様です^^
いつもありがとうございます。

涼しくなったらご家族皆様でセンターに遊びに来てくださいね!
会える日を楽しみにしています。

嬉しいお便り

2015年9月24日に動物管理所から成犬譲渡を受けて下さったママ様よりお便りをいただきました^^

「ハナちゃん」
ハナちゃん

もうすぐ4年です。
あっという間ですね~

先住のくろちゃんと
くろちゃん

時々けんかをすることもありますが、毎日仲良く一緒にお散歩。
楽しく過ごしていますね^^

ママのことが大好きで、お仕事から帰ってくるのが待ち遠しいふたり。
車の音が分かっていて、道路の方を見つめて待ってくれているそうですよ。

そんな姿が嬉しい、とママ様。
ですよね~、分かります分かります♪
穏やかな光景が目に浮かびますよ。

これからも末永く、平穏で幸せな日が続くよう願っています。

ママ様、嬉しいお便りをありがとうございました!

嬉しいお便り

しっぽから保護成犬と保護子犬を引き取って下さったママ様よりお便りをいただきました♪

とってもお利口さんなハウンド系雑種の「リコちゃん」と
今年、初回のセンター譲渡会で譲渡とならず残ってしまい、しっぽで引き取った子犬「ゴンタくん」

リコちゃん

リコちゃんはお外で生活していたのですが、いつの間にやらすっかり室内犬に
のんびりしてますね~^^

ゴンタくんも、譲渡会当時から大きくなりそうな印象の子犬。
やはり足長で、立派に成長していますね!

そしてあら、真ん中にもう一頭・・・・・新たな家族、シュナウザーくんが^^
お名前は「シュヴァルツくん」(呼び名はシュウくん)

ゴンタくんとシュウくんの月齢があまり変わらないので、兄弟のように仲良しなんだそう。
ふたりのイタズラが過ぎるとリコちゃんが一喝!

リコちゃんに怒られたらちょっとコワそうねぇ(笑)

リコちゃんはこれからもママのお手伝いを、ゴンタくんとシュウくんは子犬らしく元気いっぱい、
みんなに見守られながら健やかに育ってね~

ママ様、楽しいお便りをありがとうございました^^
いつかぜひセンター譲渡会に遊びにいらして下さいね。
お待ちしてま~す

嬉しいお便り

7月28日の譲渡会で譲渡となった柴成犬ちゃんの飼い主様よりお便りをいただきました。

成犬メス1

とてもシャイで我慢強い女の子。
譲渡の時も、「ゆっくり優しく接してあげてくださいね」とお伝えしました。

新しい名前は「はなちゃん」
ご家族の皆様それぞれが付けたい名前がバラバラだったそうで、どうやって決めたかというと・・・

紙に名前を書いて丸め、フード1粒と一緒に5パターンを置き、「おいで~」と声をかけ、
本人がその中から選んだのが「はなちゃん」だったそう^^
楽しそうな光景が目に浮かびますね~

慣れに関しては、やはり警戒心が強めの行動が多く、手探りで接していたとのこと。
譲渡から1か月ちょっと、やっとだいぶ慣れてきたように感じられるそうです。


「ケージがあるのですが、暗くて狭い所が好きなようで、
朝昼晩の散歩と、ご飯と、郵便屋さんに吠える時以外は、基本リビングの座卓の下で寝ています。(笑)」
はなちゃん3

はなちゃんの落ち着ける場所なのね^^;
自由にさせてもらってよかったね。

譲渡当時から大きな音、高い音に敏感で怖がっていましたが、これはやはり今でも。
隅っこという隅に逃げてしまい、一度、ソファと壁の隙間に無理矢理入り込み挟まってしまったそうで・・・

でも
「家族で爆笑してしまいました。(はなは、必死だったのですが、つい💦)」とママ様。

うんうん、これくらい大らかなご家族様のほうがうまくいくね


そしてとても嬉しい変化、
「おすわり、お手、おかわりが出来る様になり、マッサージを要求してくる様にもなったり、
散歩に行く前にはクゥーンと鳴いて座卓から進んで出て来たりと、ちょっとずつ意思表示も出来る様になりました。」
はなちゃん2

お散歩のあとの足ふきや移動時の抱っこも嫌がらず、お客様には唸ったりもないそうで、我慢強いはなちゃん。
とてもお利口さんです。


リラックスして爆睡する時間も増え
はなちゃん1

なんて可愛い寝顔かしら♪

「日々の変化を家族で楽しみつつ、
これからもはなが思いっきり甘えて安心出来る環境を作っていけたらなぁと思います!」とママ様。


新しい環境で大丈夫かなぁ。。と気がかりでしたので、今回とても嬉しいお便りをいただきホッとしています。
ご家族皆様のご理解と協力があってこそ。
本当にありがとうございます。

どうぞ末永くよろしくお願い致します^^

-------------------------
明後日の譲渡会も成犬が多く参加します。
過去の環境や育てられ方で、悲しく怖い思いをした子もいるかもしれません。
また、もともと持つ気質もあり、新しい環境に慣れるまで根気がいるかもしれません。
成犬を迎えることを躊躇する方も多いかもしれません。

ですがどうか「今なぜセンターに保護されているのか?」ということを考えていただき、
必死で生きてきた犬たちと向き合ってもらえませんか。

命を助けるご協力と決断をよろしくお願い致します。

嬉しいお便り

前回、8月11日の譲渡会で譲渡となった子犬、7番くんの飼い主様よりお便りをいただきました♪

えむくん

白毛の3兄妹で参加しました。

名前は「えむ君」
笑いを運ぶ、という由来だそうですよ。
えむくん1


おうちに連れて帰った夜はやはり兄妹と離れ、環境も変わり寂しかったのでしょう、少しだけ夜鳴きしたそうですが翌日からは元気いっぱい!

トイレもすぐにマスターしたそうです。
すごいお利口さんですね~✨

先日は動物病院に健康診断に行ったところ、センターのお世話スタッフさんも偶然来ていて再会できたそう。
しっぽフリフリで、スタッフさんもとても嬉しかったでしょうね^^

そしてその病院でもう一つの偶然の再会、同日譲渡会で譲渡となった11番くんとも会えたそうで!
すごい偶然、びっくりですね~

子犬同士、仲良くじゃれ合っていたそう^^
楽しそうな光景が目に浮かびます♪


えむくんの飼い主様も
「譲渡後の輪も広がるようにと願っております。」とのお言葉

私たちも、譲渡会だけの一期一会ももちろん感謝をしていますが、その後、譲渡会やイベントで再会したり
このブログを通じてたくさんのワンちゃんのその後をお伝えすることで
「あ!うちの子の兄妹、元気にしてる!」とか
「同じ譲渡会の時のワンコだ!」とか
お世話スタッフさんや職員さんも
「センター搬入時はたいへんだったなぁ💦でも元気にしてて嬉しいなぁ」とか
そんなふうに感じていただけたらいいなぁと思っています。


えむくん2

譲渡時は「ホワイトシェパードの子犬に似てる」と言われていたそうですが
うすーく茶色が出てきました。
兄妹たちもちょっとずつ毛色が変わってきてるかもしれませんね。

名前の由来の通り、きっとご家族皆様の中心となり、笑顔と幸せを届けるワンちゃんに成長していくと思います。

どうぞ末永くよろしくお願いします!
嬉しいお便りをありがとうございました^^