FC2ブログ

嬉しいお便り

前回、8月11日の譲渡会で譲渡となった子犬、7番くんの飼い主様よりお便りをいただきました♪

えむくん

白毛の3兄妹で参加しました。

名前は「えむ君」
笑いを運ぶ、という由来だそうですよ。
えむくん1


おうちに連れて帰った夜はやはり兄妹と離れ、環境も変わり寂しかったのでしょう、少しだけ夜鳴きしたそうですが翌日からは元気いっぱい!

トイレもすぐにマスターしたそうです。
すごいお利口さんですね~✨

先日は動物病院に健康診断に行ったところ、センターのお世話スタッフさんも偶然来ていて再会できたそう。
しっぽフリフリで、スタッフさんもとても嬉しかったでしょうね^^

そしてその病院でもう一つの偶然の再会、同日譲渡会で譲渡となった11番くんとも会えたそうで!
すごい偶然、びっくりですね~

子犬同士、仲良くじゃれ合っていたそう^^
楽しそうな光景が目に浮かびます♪


えむくんの飼い主様も
「譲渡後の輪も広がるようにと願っております。」とのお言葉

私たちも、譲渡会だけの一期一会ももちろん感謝をしていますが、その後、譲渡会やイベントで再会したり
このブログを通じてたくさんのワンちゃんのその後をお伝えすることで
「あ!うちの子の兄妹、元気にしてる!」とか
「同じ譲渡会の時のワンコだ!」とか
お世話スタッフさんや職員さんも
「センター搬入時はたいへんだったなぁ💦でも元気にしてて嬉しいなぁ」とか
そんなふうに感じていただけたらいいなぁと思っています。


えむくん2

譲渡時は「ホワイトシェパードの子犬に似てる」と言われていたそうですが
うすーく茶色が出てきました。
兄妹たちもちょっとずつ毛色が変わってきてるかもしれませんね。

名前の由来の通り、きっとご家族皆様の中心となり、笑顔と幸せを届けるワンちゃんに成長していくと思います。

どうぞ末永くよろしくお願いします!
嬉しいお便りをありがとうございました^^

嬉しいお便り

2016年8月19日、由布保健部からの成犬譲渡を受けていただいたママ様より嬉しいお便りをいただきました。

譲渡の時のブログです。
「譲渡のご報告」

3歳だった末っ子ちゃんは小学生!
お姉ちゃんも長男くんもみんな健やかに成長されています。
優しい家族に恵まれて、そらくんものんびりゆったりまったりな生活。

そらくん1

そらくん2


はっきりした年齢は分かりませんが、譲渡当時からもうシニアかな、といった印象。
今はもうおそらく高齢犬となり、体のケアも必要となっていますが、本当によくお世話をしていただいて・・・
感謝しかありません。

そらくん3


夏休みは家族みんなで「そらくんも行けるところ」にドライブ🚙
ガンジー牧場ではお馬さんとこんにちは

そらくん4

久住ワイナリーや直入の方面にも遊びに行かれたようで、夏休みの良い思い出が出来ましたね~^^
そらくんもみんなと一緒できっと楽しかったでしょう♪

そらくん、まだまだ元気で長生きして、みんなと一緒にいっぱい楽しもうね^^

ママ様、嬉しいお便りをありがとうございました。
インスタでそらくんに会えるの、楽しみにしてますよ~

来月のイベント、ぜひいらして下さいね!

嬉しいお便り

4月14日の譲渡会で譲渡となった「メイちゃん」のママ様、いつもお便りありがとうございます♪

つい先日、無事に避妊手術が終わったそう^^
よかったですね~、メイちゃんもママもお疲れ様でした。

7月末から予想より早いヒートがきてしまい、オムツを経験し・・・

あらやだママ撮ってんの?
メイちゃん1

ヒートが終わってからの手術。
オムツから包帯に・・・

メイちゃん3

包帯の上から子供用の腹巻きを。
メイちゃん、ママから可愛いの買ってもらったね

1か月半くらい前は10キロって言ってたのに、今は12キロになりました。
すくすく成長してまーす!
ほんと、シェパ風の貫禄がありますね~。かっこいいよ~。

包帯が取れて落ち着いたら、ぜひまた譲渡会に遊びに来てくださいね。
メンバーみんなで待ってますねー!

嬉しいお便り

大分市保健所さんから保護した成犬を引き取っていただき、もうすぐ1年になります♪

くぅちゃん
くぅちゃん1

ブログではお問い合わせがなく、合同新聞のぶんぶんに掲載しご縁が繋がりました。

譲渡当時より毛艶がよく、若くなってる^^

前の飼い主からは愛情をもらえず、飼育放棄を受けたくうちゃん。
情緒不安定な時期もありましたが、新しいご家族様のもとでのんびりと過ごせています。

くぅちゃん2



飼い主の事情で手放され、犬は突然変わってしまう環境に理解ができず不安しかありません。
保健所や管理所は怖かったでしょう。
私たちのような保護ボランティアが現れ「もう大丈夫だよ」と言ったって、なんのこっちゃ。
分かるわけがありません。

犬にもよりますが、成犬はやはり譲渡の難しさがあります。
私たちも犬も、愛護のお気持ちの強い、心優しい方とのご縁を願い待つしかありません。
迎えてからは愛情だけではなく根気も必要となりますから・・・

くぅちゃんは良いご縁に恵まれました。
「こんな時はどうしたらいいかな?」と時々お電話をいただいたりもしますが、その都度対処していただいて、
くぅちゃんを大切に考えてくれているんだなぁ・・・と、本当にありがたく思っています。

これからもどうぞ末永くよろしくお願いします!
くぅちゃん、あまりワガママ言わず良い子でいてね~^^

嬉しいお便り

2016年8月1日に大分市の捕獲成犬を引き取って下さったママ様よりお便りをいただきました。
譲渡からちょうど3年ですね!

「ふぅちゃん」
ふぅちゃん1

毎日のお散歩と

ふぅちゃん3

お友達とのバトル(笑)で、ふぅちゃんスマートになったんじゃない!?
毛艶もとても良くて、元気いっぱいなのがよく分かります♪


譲渡時フィラリアが陽性でいろいろとご心配とお手数をおかけしてしまいましたが、昨年陰転し、本当に嬉しく思いました。
愛情いっぱいのケアをありがとうございました。

ふぅちゃん2

バタバタと忙しい日々も「ふぅちゃんに癒されています」とママ様。
ふぅちゃんもきっと感謝の気持ちでいっぱいなんですよ~^^

これからもどうぞ末永くよろしくお願い致します。
いつかご家族皆様と再会できる日を楽しみにしていますね。

嬉しいお便りをありがとうございました♪

嬉しいお便り

4月14日の譲渡会で譲渡となった陽(ハル)くんのママ様より嬉しいお便りです♪
ラブ系の男の子なので大きくなりそう、とは思っていましたが
譲渡時9キロ、それから1か月ちょっとで13キロ、そして今は20キロ。
んーーーー順調

先月、去勢手術も終わり
「痛いよーー」のお顔。
陽くん1

陽くんよく頑張りました!えらいよ~!

10日後、抜糸も終わり邪魔な襟巻きもとれて、ドッグランで嬉しそうに猛ダッシュ💨
陽くん2

ふふ。
めっちゃ笑顔ですね。

陽くん3

寂しがり屋で気が小さくて甘えん坊な陽くん。
お留守番の時、退屈だからってパパとママを困らせるほどのイタズラはしないように・・・・💦
イタズラ防止に、陽くんの嫌いなペットボトルが部屋中の至る所にコレクションのように並んでいるとか(笑)


ママ様、陽くんの元気(過ぎる?笑)な近況をお便りいただきありがとうございました^^
そしていつも応援をありがとうございます。

またセンターでお会いしましょうね~!
兄妹のラッキーちゃんにもいつか会えるといいね♪

嬉しいお便り

譲渡からもうすぐ3ヶ月、「令くん」のママ様から嬉しいお便りをいただきました。

令くん1

お散歩が大好きな令くん、長い雨でつまんなかっただろうね~💦
やっと雨が止んだと思ったら、今度はなんと蒸し暑いこと・・・
でも朝の散歩は早朝5時!(すごい早起きー!)ちょっと涼しいかな。

令くん2

ひまわりは、令くんを迎えたころ植えたのだそう。
可愛く咲きましたねー^^

5月末に受けた去勢手術後も順調、その後はワクチン接種も終わったそうで、ホッとしています。
フィラリアが陽性だったため投薬が必要な令くん、こちらは長い付き合いになってしまいますが
ご理解のあるご家族様でとてもありがたく思っています。

どうぞ末永くよろしくお願い致します。

またセンターでお会いしましょうね^^
楽しみにしています。

嬉しいお便り

5月12日の譲渡会に参加しましたがご縁がなく、その後センターから引き出し、譲渡となったハウンドの「ルルちゃん」の飼い主様より嬉しいお便りをいただきました。

先住のシーズーちゃんたちとも仲良くできているとのこと。
大きさは関係ないんですね~。みんな優しいね♪

ルルちゃん3


この前はドッグランにも遊びに行って

きゃっほーい♪
ルルちゃん1

家族のシーズーちゃんたち3頭と、お母さまが飼っていらっしゃるシーズーちゃんとも合流して
5頭みんなで仲良く走り回っていたそう^^
ルルちゃん、お散歩行ったりドッグランにも連れて行ってもらったり、毎日楽しい時間を過ごせて本当に幸せだね~^^


相変わらず優しい笑顔のパパ様♪
ルルちゃん2


お迎えして最初は夜鳴きがあったり、姿が見えないと寂しくて鳴いたりと不安な様子もみられたそうですが、1週間もかからず新しい環境に慣れてくれたそうです。
車が平気なのでお出かけする時の心配もなく、人の行動をよく観察して、いろんなことを覚えるのもとても早いそう。
ルルちゃん、素晴らしい♪

「本当にうちの子になってくれてよかったです(^-^)」
とおっしゃっていただき、私たちもとても嬉しく思っています。
ありがとうございます^^

これからもどうぞ末永くよろしくお願い致します。
またいつかお会いしたいですね~!

嬉しいお便り

2016年6月、由布市で小型犬の多頭遺棄が起こりました。

当時のブログ

そのうちの1頭の譲渡先の飼い主様より、嬉しいお便りをいただきました。
譲渡からもうすぐ3年ですね^^

モモちゃん
モモちゃん3


先住のハルくんとの相性はどうかな?と
トライアルでゆっくり様子をみていただきましたが問題なく、今もとても仲良く過ごしているそうです。

モモちゃん2

お揃いの洋服作ってもらったのねー!
可愛い♪

散歩に行けばゆっくり歩くハルくんをモモちゃんが待ったり、
寝るときもそばに寄り添って寝てみたり。
微笑ましい姿です。

モモちゃん


モモちゃん、昨年臍ヘルニアの手術を受けたのですがそれ以外はまったく健康面での問題はなし!
食欲旺盛、元気いっぱいとのことで、とても嬉しく思います。

ふたりともいつまでも仲良く、幸せに過ごしてね^^
嬉しいお便りをありがとうございました!


---------------

この時の遺棄事件が起こったのが3年前ですが、それよりもっと昔から、そして現在も
飼い犬の遺棄はなくなりません。

意図して棄てたのか、
しっかり係留しておらず飼い主が気づかない時にいなくなってしまって
「まぁいいわ、いずれ帰ってくるだろう」と、普通の飼い主なら必死で捜すところを放置するのか

行政が管理している犬はほとんどが首輪がついています。
飼われていた犬でした。

首輪がなくても人なれしていて、綺麗な犬種で
こんなノラぜったいいねーーわ!!

と突っ込むこともしばしば。

しっかり勉強してしっかり想像してしっかり家族で話し合った上で飼い始めるのではなく
「あ!可愛い~~ほし~~」と衝動的な感情で簡単に飼えてしまうから簡単に棄てることもできちゃうのでしょうかね。

昔も今も、行政が管理している犬たちは、飼い主が迎えに来なければ
「譲渡」か「殺処分」か、その二択しかないのです。

こわいでしょうね。

そんな犬たちを見ながら、姿の見えない飼い主たちに
「バチあたれー」「棄てるヤツはいずれ家族に棄てられるわー」「幸せに過ごせるわけねーわ」
と思っ、、、、

あ、ボランティアの黒い部分が・・・・^^;


譲渡会を選んでくれたご家族様、保護犬を迎えてくれたご家族様、しっぽを応援してくれるたくさんの方、
皆様は本当に優しく、心豊かな方たちばかりです。
小さい命を大切に、寄り添うことができない人も多い中、
ボランティアを通じ、いっぱい幸せな気持ちを味わうこともできています。

ありがとうございます^^

黒い部分を出したり隠したりしながら(笑)これからも頑張ろうと思っています。

嬉しいお便り

4月14日の譲渡会で譲渡となったメイちゃんのママ様よりお便りをいただきました。
譲渡から2か月が過ぎましたね!

お庭が興味津々、散策が楽しいメイちゃん。
譲渡当時は3キロちょっとのオチビさんだったのに

メイちゃん4


メイちゃん1


メイちゃん2


今では10キロになり、足長のスタイル良しの女の子に。
耳も立ってすっかりシェパ風。
凛々しいお顔になりました♪かっこいいよ~メイちゃん♪

ですが見た目は変わってもまだまだおこちゃま、お転婆は変わらず毎日おもちゃをくわえて庭を走り回っているようですよ^^

しかしメイちゃんちのお庭って、公園みたい(@_@)
素敵ですね~!羨ましい!


先日は3回目のワクチンも終わったそうで、大好きなお外の散歩もこれで安心ですね。
これから夏の間のいろいろな予防、そしていずれ避妊手術と、やることがいっぱいですがどうぞよろしくお願いします!


ママのお布団でねんね
メイちゃん3

ふふ。幸せそうな寝顔^^
メイちゃん、素敵なご家族に選んでもらって本当によかったね!
これからもずーーーーっと続く幸せに、私たちも本当に嬉しく思います。

ママ様、嬉しいお便りをありがとうございました。
どうぞ末永くよろしくお願い致します。